不動産起業のためには何をすべき?

不動産起業のためには何をすべき?

不動産

不動産起業のためには何をすべき?

不動産屋を起業するにあたり、やっておくべきことはいくつかあります。
その中でも宅地建物取引士の設置は重要なポイントです。
不動産屋の業務にはいくつかの種類がありますが、土地他建物の売買、賃貸物件の媒介という仕事は、宅地建物取引という業務になります。
宅地建物取引業務を行うには、宅地建物取引士の資格が必須となるからです。
ただし宅地建物取引士の資格を持っているのが、社長でなければいけないという決まりはないので、従業員のうち1人が宅地建物取引士の資格を持っていれば、5人までは働くことができますし、社長が宅地建物取引士でなくても、宅地建物取引業務を行うことができます。
従業員に宅地建物取引士の資格取得者がいれば、不動産屋を起業することができます。
もう一つ、宅地建物取引士は成人と専任であることが条件となります。
従業員として雇う宅地建物取引士が、常勤でない場合は起業の条件を満たしていないので、必ず成人で専任できる宅地建物取引士を設置します。

旭区の水トラブル解決所
ウォーターソニックはトイレやバスなどにおける水トラブルを素早く解決します

新居施工後のアフターフォローも充実!
定期点検を行うなど、施工後も良い状態で建物を維持できるようお手伝いします。

株式会社5tsuBoxでは優秀な職人たちがお客様の理想のプランをカタチにしていきます

住宅改装後のアフターメンテナンスもおまかせ!
定期点検を行い、リフォーム箇所が長持ちするようケアします。

最新投稿

お知らせ

一覧

不動産活用でサイドビジネスを成功させよう

信頼できる不動産会社を利用する

不動産は最大のハイリスクハイリターンな所有物

未婚率が高いと、不動産事情も変わる