不動産起業のためには何をすべき?

不動産起業のためには何をすべき?

不動産

不動産起業のためには何をすべき?

不動産屋を起業するにあたり、やっておくべきことはいくつかあります。
その中でも宅地建物取引士の設置は重要なポイントです。
不動産屋の業務にはいくつかの種類がありますが、土地他建物の売買、賃貸物件の媒介という仕事は、宅地建物取引という業務になります。
宅地建物取引業務を行うには、宅地建物取引士の資格が必須となるからです。
ただし宅地建物取引士の資格を持っているのが、社長でなければいけないという決まりはないので、従業員のうち1人が宅地建物取引士の資格を持っていれば、5人までは働くことができますし、社長が宅地建物取引士でなくても、宅地建物取引業務を行うことができます。
従業員に宅地建物取引士の資格取得者がいれば、不動産屋を起業することができます。
もう一つ、宅地建物取引士は成人と専任であることが条件となります。
従業員として雇う宅地建物取引士が、常勤でない場合は起業の条件を満たしていないので、必ず成人で専任できる宅地建物取引士を設置します。

違いで応える不動産担保ローン

戸建の高級賃貸お探しします!

天井取付型浴室暖房乾燥機

貸別荘ならノーザンライトホームズ

投資による永住権取得なら

最新投稿

お知らせ

一覧

不動産活用でサイドビジネスを成功させよう

信頼できる不動産会社を利用する

不動産は最大のハイリスクハイリターンな所有物

未婚率が高いと、不動産事情も変わる